GWR モタスポ情報局

海外の正しいモタスポ情報をお伝えします

1年も更新していませんでした

一年間、更新していない事に我ながら驚いた。

褒めてもらいたい(どこを?)。

この1年で世界の景色は全て変わりはて、今までの普通が普通で無くなった。

この事の余波はこれから強く出るでしょう。

今年はむしろ様々な勘が働き、実際の流れや主催者がNGを出す前に、自分はNGを出していた。そのタイミングから、むしろその時は信じる人の方が少なかったが、結果、全て的中した。宜保愛子も細木数子も土下座レベルだ。

f:id:ks_game:20201024220639j:image

*浦安鉄筋家族より

さてこの様に様々な変更に次ぐ変更で、こちらの動きも随分と変わってしまった。

その中のひとつ、せっかく契約をして頂いたエミレーツ航空との契約。

f:id:ks_game:20201024182004j:image

これについては契約を履行する事は事実上、不可能なのでその旨を伝え、契約の解除を申し出た。

このまま維持していても、使わないと申し訳ない。仮に使うとしても12月のユーロナスカー最終戦でスペインに行く位だ、と。

来季に関してはアンバーラウンジの新しい企画で、Legend Tourと言うのをやるから、それはそれでまた話し合いましょう、と伝えた。

www.youtube.com

すると、

『12月まで契約があるんだから、解除と言う事じゃなくて、このままで行き、それから来年の状況を見てまた考えましょう』

と言って頂いた。ありがたや。。。

また来年のモナコでみんなが明るい笑顔で会える日を楽しみにしましょう。

そこまでは我慢ですね。

youtu.be

ところで…昨年の11月にオフィスを移転しました。

バタバタしていて報告を全くしていないまま、今日になってしまいました。

ホテル内の店舗なのですが、前半分は店舗、後ろ半分がofficeになっております。

店の方は今年の11月19日の夕方17時にオープンします。

事務所はもう数ヶ月前から稼働していまして、すでに会議テーブルの上はしっちゃかめっちゃか。

f:id:ks_game:20201024193555j:plain

これも会社として動いている証拠と捉えてください。

このホテルができる前のCGがありましたので、ご覧ください。

youtu.be

ではでは。

 

 

今年はSJM プレマセオドールレーシング←ここ試験に出ます!

間も無くマカオGPです。順調に準備を進めております。

f:id:ks_game:20191020123401j:plain

今年はSJM プレマセオドールレーシングと言う名称です。昨年まではSJM セオドールレーシングby.プレマでした。

www.as-web.jp

何が違うんでしょうか?

“チャーシュー麺”と“ラーメン肉マシマシ”みたいなモンだろうと思っているあなた。

…違います。

指揮命令権が100%違うのです。

今年、セオドールは単純にチームのスポンサーです。

昨年まではチームの本体でした。

ここは決定的に違うのです。

私は今年の五月かな?

『今年もやるから一緒にやろう』と通称クソ野郎から言ってきましたが、遡る数ヶ月前にすでにプレマと同意しておりました。

そしてプレマから某F1チームへと業務を繫いで頂いたのです。

この“お断り”の時に予想通りクソ野郎は激怒しました。

『ウチの権利だぞ!』『カラーリング権はウチが持ってんだ!』等々。

こっちは既に枠を取ってますからね。このクソ野郎がどれだけ嘘つきか分かるエピソートです。

100まで発展できる事業のタネを20位で『これで正しい』とか言って大暴れでしたからね。最悪でした。昨年のスポンサー料のコミッションもまだ貰っていないし。

そう言う訳で今年はスッキリと迎えられます。つくづく先に手を打っておいて良かった思います。

 今年は勝てると思います。悪い流れを運んできていた癌細胞がいなくなりましたからね。こう言うの大事なんです。1mmでも癌細胞がいると全部に負の影響が出ますから。

熱で焼き殺して健全な身体にするしか無いんですよ。

良い結果をご報告できると思います。

  

プーマオンラインストア

たかがミニカー、されどミニカー

ミニカー(あえて1/43界隈を指す)界隈はいつも何かゴサゴサ音がする。
f:id:ks_game:20190805025934j:plain
自分は一度契約したら相手先を変えない主義の為、慎重に会社の経営状況を調べた上で2015年に同じマカオの会社(仮称)"フラッシュ"と言う会社と契約した。
以来、その関係は良好で製品は毎年何か最低ひとつは出してくれているし、出す前にチェックをしにいったり、古いレーシングカーの情報をやり取りして、本業より全然趣味モード全開で楽しんでいる。

ある時、日本のレースプロモーター(仮称)JRピガシ日本と言う会社から相談があった。
『契約している会社が新製品を全く出してくれない』と言う事で『そっちのラインで何とかならないか?』と言ってきた。

なのでフラッシュの社長の(仮称)ウィウィ氏を紹介し、具体的な話し合いに入った。

そこで自分も含め驚愕の話しを聞く羽目になる。ピガシ日本は“ソボロ”と言う会社と契約していた。ソボロは過去、フラッシュで長年のあいだ製作していた。
しかし分かるよね?
納品すれど…で、ある。その額は半端無い数字だった。

ところがソボロは『中国の工場がいい加減で…』とピガシ日本に報告している。
もちろん痔程英にもそう言っているのだろう。
日本にオフィスがあるフラッシュ。
そんな話しはウィウィ氏の耳に入る。そりゃあウィウィ氏は怒るよ。

話しは変わるがいま、ある水産加工会社の役員に就任し、事業の再生を行なっている。8億円を超える負債だが、プロ中のプロが集まりものの見事な再建計画を手掛けている。負債がある会社でも、良いものを持っている会社はいくらでも再生できる。
しかし一点問題がある。それは現社長が民事再生を嫌がっているのだ。
理由は“みっともない”からです。そこでメインの債権者に対して出した結論は“五年間先延ばしする事”だったそうです。
当時のこの決済を決めた方が今は役員になり、この方が定年退職するまでは穏便に…と言う“気遣い”だそうです。

当然、こんなアイデアは一蹴されたとの事。なぜならメインの債権者は既に破綻懸念の分類先に指定していて10億円規模の引当金を当てているからです。普通なら他に回せる資金です。それを破綻するかもしれないと言うだけで引当金として置いておかないとならないのです。

“みっともない”と言うただご自身の保身の為に、これだけ色々なところに負担が掛かるんです。

そうじゃなくて一瞬は恥をかくかもしれないけれど、そのあとキチンと立ち直れば、それこそ賞賛されるじゃない?
と、思う私はヘンなのでしょうか?

もう作ってくれる工場もなく、毎回毎回、様々な工場をたらい回しになり、製品クオリティがドンドン下がっていると言う話しを聞く。
みっともないと思っているのかな?
再生するチャンスはいくらでもあるのにね?

僕なら真っ先にあのスポンサーシップを止めさせるけどね。
ビジネスの役に立っていなどころか、それが経営を圧迫しているのは間違いない。

ホンダが山本選手を急ぐ理由

この戯れ文は、あくまでも暑さで脳がやられて幻覚を起こしていると言う前提です。
f:id:ks_game:20190728131418j:plain
7月上旬頃、H関係者の口から出ていた言葉は自らのF1に於ける未来について、見えない話ししか出てこなかった。これは6月の決算発表を受けての状況だったと考えられる。

そしてそれから二週間ほど経ってから急に山本選手F1の話しが出始めた。

今のHの経営状況はかなり悪く、日産と同じかそれ以上に厳しい。

diamond.jp


おそらく経営陣や株主からF1をやる意義やその効果を問われたのではないか?
*このダイヤモンドオンラインの記事の内容についてはまた次の機会に。但しこの"研究所の降格"は例えるなら日産のゴーンショックに匹敵する程のインパクトがあり、地獄への片道切符になるだろう

そう考えないとF2/F3のH育成ドライバーを差し置いての山本選手の名前は上がらないのが普通だろう。表向きはスーパーライセンスのポイントの件があったとしても、だ。

それでなくともHのモタスポには英国名門チーム繋がりで違法金融業者が取り巻いていると言う爆弾を抱えている訳で、これが炸裂(金融庁からの指導等)したらF1どころの話しでは無くなるであろう(但しこれはHが引き込んだ業者)。

世の中、どこにこう言う地雷が埋められているか分からず、先日もあるスーパーウエポン級のメディアから、参議院選に出馬した元F1運転手がこの違法金融業者と親しげに話している動画が送られてきた。人物確認を求めてきたのだ。動画そのものはSNSから拾ったのではないか?と思われるものだった。こう言っては何だが、落選したから良かったが、当選していたらその動画はスクープとして使われていただろう。
写真週刊誌やナントカ砲はこうやって作られていく。

Hにはちょうどウチが独自のGP2を辞めイタリアのチームと合流する際、そのチーム枠を買って貰いたいと申し出たが時期尚早と言う事で叶わなかった。

このメーカーが一番成功を収めたのは第二期だと言う事に異論を挟むモノはいまい。あの時はF2やF3000でじっくりとE/Gのみならず、チーム運営やその世界の人間関係を学びながらF1へ来た。なぜ成功から学ばないか?のかが不思議である。

常に付け焼刃の上に付け焼刃では先日の吉本興業の経営陣では無いが、最後は帳尻が合わなくなり追い詰められる。

いま🐴と話しているが、その話すだけでも何枚もの書類を書いてソリャ凄いよ?話し合う前から確認書、委任状、証拠書類と確認の上にも確認を重ねる。そんなとこに違法金融業者なんぞ出てきたら、最初の段階で弾かれて話しは終わる。

夢を見せてくれたHだもの。
もうちょっと小じっかりしてくれよ!と思うのは僕らだけじゃあるまい。

暑すぎてアタマ溶けたわ。。。

(2019.7.29 修正)

プーマオンラインストア

Copyright (C) 2019 Gold Wolf Racing ltd. All Rights Reserved.