GWR モタスポ情報局

海外の正しいモタスポ情報をお伝えします

謎記事

いったいどう言う視点でこの様な記事を書くのかが疑問です。


多分、数少ない関係者の知り合いの声を拾っているだけだろうが、誤認情報を拡める体裁を取っているので始末が悪い。

ひとつずつ検証していく。

FIAが、この『F3』という規格を大きく変える判断を下しました。

これまでイタリアのダラーラの実質ワンメイクだったF3の規格を放棄。

かつて、GP3と呼ばれF1のサポートイベントとして開催されていたカテゴリーの運営権を手に入れ『FIA-F3』の名前を付けました。

まずFIAはF3の運営権を手に入れていませんし、今後も手に入れる必要すらないでしょう。
運営権は相変わらずブルーノ・ミッシェルが持っていますし、事実上F1が所有しています。
また規格を放棄と言う言い回しも『?』しか付かず、この記述に至った経緯を知りたいです。

しかし、リージョナルF3規格に則って開発された車両は2018年までのF3規則に比べタイムも遅く、同じF3でも「FIA-F3」からも運動性能も低くなっております。

当たり前でしょ?と言う話しです。
今年からのF3の年間予算は1.5-1.8億円くらい。
従来の8,000万円-12,000万円のF3とは桁が違います。
それじゃあ違うでしょ?
F4からの隔たりが大きすぎるでしょ?と言う事でリージョナルF3が設定されました。
また従来のF3もF4からのステップアッパーから見たら予算規模が大きすぎたのです(日本はそれほどは掛からない)。

元々、F4自体がルノーシリーズ潰しでした。
ところがあれほど優れたカテゴリーも少ない。
そこに英国勢が気が付いてリージョナルF3の基礎になるBritish F3を作った。
これは新しいルノークラスだったのです。

F4の一番の欠点はエアロダイナミクス。
ダウンフォースらしいダウンフォースを感じられず、メカニカルグリップとダウンフォースを組み合わせて走る現代フォーミュラには役が不足している。またデフが無いのも問題だった。
そこでMSVはF4のモノコックに旧F3のエアロダイナミクスを組み合わせたマシンを作った。
これが思いの外、良いパッケージでランド・ノリス、ジョージ・ラッセル、エナム・アーメッドなど、良いドライバーを排出できた。

これを見てF4とF3の隔たりの大きさに悩んでいたFIAがリージョナルF3構想に動いたのでしょう。すると結果的にルノー2.0やトヨタ・レーシング・シリーズもここに入ってきたのです。
つまりこのカテゴリーはルノーであり、これを旧F3と比較してどうするの?と言う話しです。

以前、書いた記事ですが、ぜひ読んで頂きたいものです。

katsu-s.hatenablog.com

それに対し、反発したレース運営やエントラントも少なくはありませんでした。

出なきゃ良いだけでは?
moto parkなんかは新たな投資をしたくないから、しないで済むカテゴリーへ行っている訳だし、“ミドルフォーミュラ界のガリバー”ことカーリンは持っているクルマを精一杯活用したいからそこに出ているだけでは無いでしょうか?

話を日本に戻しますと、全日本F3選手権は世界で唯一、旧F3規則に準じていながらF3を名乗っているカテゴリーなのです。

2019年は2018年のF3規則に則って開催することでFIAからも公認レースとして認められているわけですが、旧規定での開催も今シーズンまでとなります。

“公認レース”というのであれば、アイドラーズ以外はほぼ“FIAの公認レース”ですが???

なぜ、F3新規則であるリージョナルF3規則に準じたくないと考える人も少なくないのか。

それはこれまでの車両に比べ、数秒単位で遅くなるリージョナル規則がF3の本質である『ドライバーの育成』に適しているのかが疑問視されているからです。


FORMULA REGIONAL EUROPEAN CHAMPIONSHIP - RED BULL RING 13/07/2019 - HL RACE 1

残念ながら我々のファミリーであるエンツォ・フィッティパルディ君や目下リージョナルで連戦連勝中のフレデリック・ベスティ君、ライバルのUSレーシングから参加中のミック・シューマッハの従兄弟のデビッド・シューマッハ君は育っていないと言う事ですね。
大変に残念です。
プレマに翻訳してこのシリーズに参加するのを辞めるように言った方が良さそうです。

と、まぁ、やまもといちろう並にオチョくってやりたいところですが、問題は個人ブログでやっているのなら自由でしょう。
しかしもし自らがメディアを名乗るのであれば、キチンと連絡先を出して情報の責任の所在を固めるべきでしょうね。
ドメインなんかキチンと隠していますもんね。


プーマオンラインストア

Copyright (C) 2019 Gold Wolf Racing ltd. All Rights Reserved.