GWR モタスポ情報局

海外の正しいモタスポ情報をお伝えします

ユーロナスカーのTV番組

日本のTV局と色々と話し合いましたが、現状、日本では難しいですね。

https://www.instagram.com/p/BuTbjTqlZ3u/

三浦健光アレックス カフィ モータースポーツとフルシーズン二年目の契約更新‼️

新規コンテンツを入れるどころか、みなさん現状を維持するのがいっぱいいっぱいで。中にはTVコンテンツを売りに行ったのに『GWRさん、御社でウチの番組にCM打ちませんか???』なんて展開も実際にありました。

物を売りに行って逆に買わされた的な展開です。

 

昨夜、遅くまで社長(家内)と話し合いました。

その中で前から考えていたアイデア(それはむしろ奇策に近い)を説明しました。

アジア圏でのユーロナスカーの放映権は我々が持っています。素材も全戦分全てあります。

そこで原点に立ち返りました。

“そもそもTVが正しいのか?”と言う点から考え直してみたのです。

最近のニュースですがこの様なニュースをよく見かけます。

news.yahoo.co.jp

 日本では依然としてTVの力がもの凄く、ある意味、聖域化されています。それはインターネット関連企業でさえ、TV CMを打つと言う日本の特殊性がそれを物語っております。


Google Home CM まとめ

 

 かと言って『じゃあTVが万能か?』と言うとそれもまた違う。

そこで次のステップとして考えなければならないのはモータースポーツは普遍性があるか否か?と言う点です。

私は職業柄、企画書を年がら年中作っています。

そこには常にモータースポーツに対し“非日常的”と言うキーワードを使用している事に今更ながら気がつきます。

言葉で言うなら“普遍”の反対語は“特殊”。

まさにこの“特殊”を売りにここまで来たのがこのモータースポーツなのだと言えます。

そうなるとメディアとして完全定着したTVと言うものはもうこれは普遍と言う他は無いでしょう。

しかしこれはあまりにも情報の出し方がワンウェイであり、既得権益過ぎる業界ですし、元TVマンの自分が言う訳ですからここは間違えの無い事実でしょう。

 

そこでネットは?と言う次のアイデアに行く訳です。

これは普遍的になりつつあるも、その仕様は常に変化し、固定的なビジネスモデルもTVほどfixしていないマサに特殊なメディアツールと言えると考えています。

そこで昨夜出したアイデアですが、『自分たちでカチっとした番組を作ってしまい、それをYouTubeで配信しようか?』と言うアイデアでした。

詳細は省きますが、実況・解説もキチンと付けて完パケにする。音声を入れ替えればコチラのアジア圏でも放送できる。

その予算は?と考えると、ここは企業秘密なので書けませんが、ある日本の先進的大手企業の手法が一番正しい、と言う結論に達します。

 

さて、この手法から考えると冒頭の某TV局。『CM出しませんか?』が逆に有効なツールになるのではないか?と思うのです。

 昨夜の段階では「完パケ作ってもアクセス数がなぁ…」と言う問題を日本と言う特殊マーケットを考えると、なるほどTV CMか…と言う点に行き着きます。

既に(去年のですが)見積もりも頂いているので、数字もある程度読めます。

 

アタマをもう一捻りする必要がありますね。


What NASCAR Whelen Euro Series is all about

Copyright (C) 2019 Gold Wolf Racing ltd. All Rights Reserved.